妊活はだんなさなんとよく話すことから!その1



妊活はだんなさんとの会話から

 

はじめの一歩・・・。。。  。。 。

 

だんなさんと、子供のことを、とことん話した
経緯をお話いたします。

ちょっと、、、恥ずかしいけど、
何かの参考になれば、と思って・・・

 

出会った頃は20代後半
お互いの趣味も嗜好もかぶるところがあって
意気投合とまではいきませんでしたが
なんとなく惹かれあって
食事したり、遊びに行ったりしてて、

そう時間もかからずに
男女の仲になって、、、(恥ずかしぃ~!)

 

もちろん、まだ一緒になるとかは
考えてなかったから
きちんと避妊は考えてて、、、

お互い忙しかったり
時間が合わなかったり、で
会う機会は、そう頻繁ではなかったんです(汗)

ただ、つかず離れずというか
そんんか感じで3年ほどお付き合いをして、、、

 

<h2>妊娠のことは、ぜんぜん気にかけなかった・・・</h2>

だんなさんは、5歳年上だったので
であった頃は30代

付き合って3年はもう
婚期を逃しているぐらいの歳で、、、

 

だんなさんからのプロポーズがあって
一緒になりました。

 

一緒になってからは
自然に任せての子作りでしたが
なかなか妊娠しませんでした。

 

というか、妊娠に関しては

まったく気にしていませんでした(汗;

 

3年ほどそんな感じで過ごしましたが
だんなさんがヨソジ、私ミソジ
そろそろ焦り始めて、、、

 

まずはお互いにどこか悪いところなないものかと
病院に行くことにしました。


検査の結果、お互いにかくべつ悪いところがなくって
私が基礎体温をつけるようになり
排卵周期に合わせて
お互いの予定を作るようになりましたが

お分かりかと思いますが・・・


計画的なラブラブはなかなか・・・ ・・ ・でした(汗;

 

そう、なんか、お互いに作業的になってしまって
そのうちにその作業がおっくうになってしまって、、、

 

また、作業にうちこんで、、、

みたいな繰り返しでした。

 

 

妊活には愛情が欠かせない!

それではだめと思い

・今後の人生について
・相手を思いやる気持ちは?
・子供がいることの生活は?
・子供がいないことの生活は?

などなど、二人でつきつめて
時間があるときに、

さあ、話そう!って申し合わせて
現実と向き合うためにし何度も何度も話し合いまた。

 

そして出た結論は

やっぱり、子供がいる人生を選ぼう!
ということでした。

 

それから、お互いに雑誌を買ったり
ネットで調べたり
友人・知人の話を聞いたり
情報を集め、情報を共有しながら

 

まずはできることから!

できることを、できるだけ
あきらめずにやることにしました。

 

つづきは、その2で・・・

あなたに幸せと

神様からの贈り物を!!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ